​配

​コンセントをさせば、そこが診療所

配管工事や電気工事を行うことなく、いつでもどこでも届いたその日から診察が始められます。

工事費用は一切必要ありません。

​災害時や緊急時など、様々な状況に対応できるポータブルな歯科診療機器シリーズです。

無配管集合.png

Our mission and vision 

​使命と展望

歯科医院はコンビニエンスストアよりも数が多いとされ、レッドオーシャン(互いにパイを奪い合う競争の激しい市場)と言われています。

他業種に比べて倒産件数が多いわけではありませんが、予断を許さない厳しい環境であると弊社は見ています。

 

株式会社Team Fortune は、コスト削減を経営戦略の一つとして考えています。歯科は医科と比べて、設備投資額が高額となります。内装・外装・配管工事を含めて、およそ1500万円~2000万円もかかってしまいます。この高額な費用を何とか削減できないかと模索しました。

 

そこで着目したのが、歯科診療機器の無配管化です。近年、様々な機器が無線化していく時代に、歯科医療機器も無線仕様があってもいいのではないかと考えたのです。そこで弊社は、配管工事の要らない歯科診療機器の開発を進めました。

それが、ポータブル歯科診療機器、無配管シリーズです。ボタン?

​熊本の震災にも協力

トラフィックコーン

配管工事が要らない

歯科医院は内装工事にかなりお金がかかります。最低でも1500万円程度は必要だと言われています。しかし、無配管シリーズを導入すると、配管工事が必要ありません。

内外装にあまりこだわりがなく、更に行政機関の要件を満たしていれば、工事費用は限りなく0円に近付きます。費用を大幅に節約して開業・増設が可能です。

BMD9

どこでも診療所

コンセントがあれば、そこが診療所。

​コンパクトな設計なので、物置場所でもどこでも、すぐ診療所が開設できます。

契約書への署名

賃貸契約を結びやすい

面倒な工事が必要ないので、賃貸契約がスムーズに進みます。工事期間のタイムラグがなく、診療がすぐ始められます。

配管工

安心の修理体制

平日電話受付:9:30-18:30

ウェブサイト受付:24時間・365日受付

患者を治療する医師

​終活として

年齢・体力的に衰えた。新患者獲得よりも、既存患者で充分。親の介護のため。閉院せずに、省スペースで縮小して診察を続けたい。自宅兼診療所。

Japanese Portable Dental Equipment Systems Without Pipes.

Japanese Portable Dental Equipment Systems Without Pipes.